夫婦仲が円満な人妻であっても、何かしらの欲求不満を抱えているといいます。

ある筋の調査では『あなたは、夫以外の男性から食事に誘われた際にどういう返事をしますか?』という質問に対し、50%近い人妻が良い返事をすると回答しています。また『それ以上のことを誘われた場合はどうしますか?』という質問に対しても、5%の人妻が良い返事をするというのです。

そこに、人妻の家庭環境は関係ありません。円満な、満たされた家庭環境にある人妻でさえ、こうした誘いがあれば良い返事をするとの回答です。

そこから、人妻が抱える欲求不満は“家庭の存在そのもの”が関係であると推測できます。良き妻・母親であれというプレッシャーに加え、世代によっては両親・義両親の介護に伴うストレスが、欲求不満という形になって現れるのでしょう。そして人妻は願います。何ひとつ責任を負わず且つ自由でいられる“女”に戻りたい、と。

出会い系サイトやセフれの作り方 掲示板に人妻が増えたのも、こうした事情があるのでしょう。しかし人妻らは、家庭を捨てたいわけではありません。あくまでも息抜き・発散であり、それ以上のことは求めません。

そのため割り切った関係を持つことが可能であり、セフレに適します。向こうがその気であれば、それとなく誘ってみましょう。相性が良ければ長期的な関係も望めますが、トラブルを避けたいのであれば短期が無難です。

美人妻が抱える闇

出会い系・セフレサイトでは『一番の美人は狙うべからず』という定石があります。ライバル多数と知りながら交際を申込んでも、色々と無駄ですからね。そのため出会い系・セフレサイトでは、二番手以降が狙い目とされます。

しかし人妻がターゲットの場合、この定石は適しません。寧ろ、狙い目は一番手であり、二番手以降は成功率が低下します。

美人妻は夫婦仲に問題がある

人妻が美人であろうとする背景には、上手くいかない夫婦仲が存在します。簡潔に説明すると、夫に振り向いてもらいたい一心で容姿を磨いているのです。

夫の関心が妻に向かない理由は多々あります。多忙のため私生活そのものが疎かになっているケース、釣った魚に興味を失ったケース、果ては浮気をしているケースなど。いずれにせよ、美人妻が“女として扱われること”を望んでいることは変わりありません。

攻略の鍵は心情の理解にあり

上記の通り『美人妻はなぜ美しくあるのか』を理解した上で、交流を持ちましょう。常に美人妻の側に立ち、その不満・不安を受け止めて下さい。アドバイスは不要です。ただ聞き、ただ頷くことが求められます。

また日常的に美人妻を褒めることが大切です。十分に魅力的であることを伝え、やさしく慰めましょう。この際は、大っぴらではなくさり気無く、自然に行うことがポイントです。