セフレを希望する人妻は、概ね以下の問題を抱えています。これらは攻略の鍵として使えるため、交流の際は念頭に置きましょう。

性的不満

家庭生活には問題なくとも、セックスに問題を抱える夫婦は沢山います。この場合は純粋に欲求不満であり、攻略に手間が掛かりません。魅力的な女性であることを伝えれば、関係成立は容易です。

ストレス過多

様々な問題からストレスを抱え、発散の一環としてセックスを求めるタイプです。長期的な関係はあまり期待出来ませんが、短期の関係であれば即日中に得られることもあります。攻略のコツは、聞き上手であることです。「この人は(ストレスの)捌け口になる」と印象付け、セックスに運びましょう。

孤立・孤独

すべての人妻が、家庭に居場所を持っているわけではありません。同居など様々な事情から孤独・孤立感を持つ人妻は多く、人恋しさからセックスを求めています。この場合も、攻略のコツは聞き上手であることです。「(自分と)繋がりがあるから大丈夫」と安心させ、距離を詰めていきましょう。

なお人妻の中には、夫以外の男性とセックスすることに罪悪感を持っている人もいます。自ら希望して体を明け渡すにも関わらず、です。この微妙な心理を理解できるか否かで、関係は変わってきます。良好な関係を希望するのであれば、この点を忘れずに押さえましょう。良き理解者であることが、交流を長続きさせるコツです。

習い事の場は自然と会話できる

熟女と接触する方法の一つとして、セフれの作り方 掲示板を挙げることが出来ます。水泳、ヨガ、工芸、スマホやパソコンの教室などジャンルは何でも構いません。教室の多くは有料のため、ついでにスキルアップが出来る実践的なものがおすすめです。

これら教室であれば、自然と会話が生まれます。しかし初回からプライベートに触れてはいけません。初回~数回は挨拶+授業の内容を中心にして、こちらの存在を覚えてもらいましょう。

熟女から「××さん」と声を掛けてくれるようになったら、それが進展の合図です。徐々にプライベートな会話に持っていき、教室外でも接触する間柄になりましょう。まずは教室の仲間数人でお茶をするなど、グループ交流に徹すると円滑に関係が進みます。

グループ交流に慣れたら、もう一歩進んだ交流が出来るように距離を詰めましょう。この時は、絶対に急いてはいけません。あくまでも教室の仲間として接しましょう。向こうにその気があれば、こちらが行動せずとも関係が進展します。

なお熟女が友人・知人と共に通っている場合は、その目に注意しましょう。女性は感が鋭く、特に性的なものに敏感です。あなたと二人での行動が目立てば、自ずと目が向けられます。そのため大っぴらに二人で行動することは控え、グループ単位の行動で関係をカモフラージュしましょう。