セフレの愛人セフレは無償の関係が基本です。しかし食事や買い物といった、セックス+αを求める人も少なくありません。なかには良い意味で関係を拗らせ、愛人として様々な援助を受けている人もいます。

そうした金銭が絡む関係を希望するのであれば、羽振りが良い女性をセフレにしましょう。狙い目は、金銭も時間も持て余す熟女です。

熟女ときいて、皺だらけの醜女をイメージする男性も多いと思います。また「親と同世代の人を相手にするのは・・・」と、いまひとつやる気が出ない人もいることでしょう。

しかし心配は無用です。出会いに積極的な熟女は、女磨きを怠りません。若さと美貌を維持してこそ自分に価値が出る、という信念を持っているためです。

セフれの作り方 掲示板の中で50代・60代と告白されても引かず、一度は会ってみましょう。待ち合わせの場所には、妖艶な雰囲気を醸し出す熟女が現れるはずです。

好みであったなら末永く交流できるよう努め、合わなければ断わりを入れ別のターゲットに接触しましょう。いかなる場面も、臨機応変に行動することが大切です。

なお良好な関係にあっても、露骨なおねだりは厳禁です。熟女の羽振りは、こちらの行動によって決まります。充実した時間を提供することができれば、相応の報酬が与えられますよ。

子無しは攻略難易度が高い

子持ちの人妻よりも、子無しの人妻は難易度が高めです。しかし、「子供がいない分、自由であり難易度は低い」と誤認している人が大勢います。より確実にセフレをつくりたいのであれば、まずはこの誤認を改めるべきです。

子供がいない家庭は夫婦仲が密

子供がいる家庭では、夫・妻ともに子供を中心に扱います。そのため夫婦間の“性”への関心は薄れやすく、そこからセックスレスに陥りがちです。

しかし子供がいない家庭には、この問題がありません。夫婦仲は密であり、性への関心も薄れません。それこそ新婚当時のまま“熱い”夫婦も珍しくありません。

それにも関わらず出会い系・セフレサイトを利用する人妻は、好奇心をはじめ暇つぶしを主たる目的とします。気持ち的には「ちょっと出かけて、お喋りする」程度です。

こうした人妻は受動的ながら、確かなものがなければ靡きません。そのため口説いても、のらりくらりとかわされるケースが殆どです。子無しの人妻は、秀でたものがなければ落とせないと考えたほうが無難です。

子持ちの人妻を攻略する方法

出会い系サイトやセフれの作り方 掲示板には、子持ちの人妻もいます。一括りに人妻と言っても、子供の有無によって攻略方法は大きく変わります。まずはメール交換などで探りを入れ、どちらであるか知りましょう。子持ちであったなら、引き続き“大まかな年齢”を探ります。

その結果が0歳~2歳であったなら、ターゲットから除外したほうが無難でしょう。この時期の子供はひたすら手が掛かるため、こちらに割いてくれる時間は僅かです。しかし淡白な関係(会ってすぐにセックス、セックス後は即解散)を求めるなら、あえて攻略対象にするのも有りです。

3歳以降は保育園・幼稚園・学校に通っているため、時間の確保は比較的に容易です。デートは日中=子供も含め家族が不在の時間が中心になりますが、社会人の昼休みと重なるため、会うことは難しくありません。

注意したいのは、小学生以上であった場合です。この年齢は、家族の行動から様々なものを感じ取ります。そのため母親の不審な行動には、それなりの疑念を抱きます。特に女児は同性特有の感が働くため、尚更の注意が必要です。

なお、すべてがこの例に当てはまるわけではないので、あくまでも参考程度にして下さい。

インターネットに疎い熟女の攻略法

セフれの作り方 掲示板ばかりが、出会いの場ではありません。やる気と根気があれば、どこであっても新しい出会いを探すことができます。

例えば、スーパー。ここならば独身・既婚問わず多くの熟女に接触できます。またパート従業員として労働に励む熟女も多く、客足が少ない時間帯であっても誰かしらと接触することが可能です。

しかし成果が望めるかというと、答えは微妙です。下記の事情から出会いに消極的な熟女も多く、ターゲット選別を誤まると面倒事に発展しかねません。地域の情報に疎い自覚があるなら、別の場所で出会いを探しましょう。

密な近所付き合いがある

町内会をはじめ密な近所付き合いが行われている地域では、些細な噂があっという間に広まります。また尾びれが付きやすく『×さんが見かけない男性と歩いていた』という噂から関係を推測し『×さんと一緒にいた男性は不倫相手。×さんは浮気している』という内容の噂を流す人も珍しくありません。

噂はいつまでも地域を巡ります。火消しはほぼ不可能であり、物理的に距離を置く以外に解放される方法はありません。熟女は、この恐ろしさをよく知っています。そのため良い男に声を掛けられても、返事を渋るのです。

スポーツクラブは絶好の隠れ蓑

熟女の多くは既婚であり、その関係は不倫に該当します。周囲に知れることを恐れるのであれば、隠れ蓑として機能する場所で関係を持ちましょう。

一押しは、会員制のスポーツクラブです。会員以外は入場することが出来ないため、それほど人目を警戒する必要がありません。しかしターゲットの友人・知人が出入りしていないとも限らないので、早期に探りを入れておきましょう。

スポーツクラブであれば、隣につけることも容易です。さり気無く隣のマシンを使い、軽く挨拶をして運動に入りましょう。初回から話しかける必要はありません。これを何度か繰り返した後「以前にもお見かけしましたよね」と改めて話しかけることで、自然な会話を展開できます。

この時、容姿の特徴を挙げ、それを褒めることでポイントアップも狙えます。「黒髪がとても綺麗な方なので、覚えています」といった具合です。人一倍、運動に励む相手であったなら「以前よりほっそりされましたね!自分も頑張らないと・・・」という流れもオススメです。

セフレと人妻

インターネットを見ていると本当に大量の出会い系サイトがあることにびっくりすることもあるのではないでしょうか。
出会い系サイトは登場以来数が少なくなるどころかむしろ増えていく一方で、今でも出会い系サイトを使って出会いを求めている人は多く存在しています。
セフれの作り方 掲示板の中にも無料で使えるサイトがあるので、お金をかけずに出会いたいという人はこういった無料サイトを使うことになります。

サイトを使っている人の目的は、例えば恋人を見つけることだったり、結婚相手を見つけるといったことが多いかと思います。
また、それ以外にセフレという形で関係を持ちたいと考えている人も、サイトを使って相手を探すことができるようになります。
では、その中に既婚者の人がいるのかというと、実際に結婚をしていてもこういったところからセフレを求める人は存在しています。
なぜそんなことをするのかというと、やはり家庭の中でうまく行っていないというのが一番の理由ではないでしょうか。

もし円満な家庭環境であれば、不満があって不倫をしたいと思うようなことはまずないかと思います。
結婚をして子供がいたとしても自分の欲求不満を解消するというのは大切なことですし、それを我慢することができなくなってしまうのかもしれません。
子供が居て家庭のことは大切に思ってたとしても、自分自身の気持ちを解決するためには相手が必要になるのでしょう。

セフレを選ぶ条件

セフれの作り方 掲示板を使ってセフレを探している人もいるかと思いますが、どのようなことをそのとき条件にしているでしょうか。
やはりセフレというと、いつでも好きなときに気軽にセックスをすることができる相手、というのが一番の条件になりますね。
セフレの場合には性格は特に重視しないという人もいるかと思いますが、むしろ体の相性のほうが重視されることになるでしょう。

また、実際に二人で会う時間を作ることができるかどうかも大きな問題になってきますね。
セフレというと実際に会ってセックスをすることになるのですから、会うことが難しい相手ではセフレの関係を続けていくことはできなくなります。
もし相手が人妻の女性で、専業主婦の女性であれば、旦那さんが居ない時間帯に家を抜けてきて会う、ということになるかと思います。
もちろん、休みの日で旦那さんが家に居るときでも、適当に理由を付けて外に出ることはできるかと思います。

しかし、そういったタイプの人では定期的にセフレとして会うということはなかなか難しくなります。
また、人妻にしてみれば自分が暇な時間である平日の昼間に会うことができないというのは、不満があるかと思います。
もちろん中には平日昼以外に暇な時間がある人妻もいるかと思いますので、相手との相性を考えてみましょう。

セフレなら人妻が一番

実は、人妻はセフレにするのにぴったりなタイプだといわれています。
男性にしてみれば独身の女性のほうがセフレにはいいのではないかと思うかもしれませんが、実はそうではありません。
結婚をしている人妻ほど、実はセフレに最適な条件が整っているのです。

セフレとして必要な条件としては例えば、割り切った関係をすることができる、ということがあるかと思います。
独身の女性の場合にはもしかしたらそこから本気になることがあるかもしれないので、セフレだけで割り切っておくことが難しくなります。
その点、人妻の女性ならば既に家庭があるので、間違っても男性に本気になるということはなくなるのです。
その意味でも、人妻はセフレにするのに条件的にはぴったりということになります。

もちろん不倫がばれてしまったとしたら大変なことになるので、その関係がばれないように細心の注意を払う必要があります。
プレゼントをすることなども相手に自分の痕跡が残ることになるので、注意をする必要があります。
ですが、むしろ恋人のようなことをすることが苦手と思っていたりしたくないと思っている人の場合には、そういった距離感で付き合うことができるのはメリットといえるかもしれません。